jump to navigation

エルカセット / ELCASET EL-D8 2009年1月25日

Posted by akakage06 in エルカセット.
trackback

デンスケタイプのエルカセットも入手してみました。

エルカセットデンスケDDと言います。

ただでさえ発売された機種が少なかったエルカセット規格の機器の中で、唯一の“デンスケ”タイプで、規格策定に参加したTEAC,Technics(松下)からも発売されることは無かったと思います。

1978年頃に発売されたこの製品のデザイン上の特徴と言えば、何と言っても丸いレベルメータと回転ノブ式の操作系でしょう。
プロ用のNAGRA にその測定器っぽい形の製品がありましたが、それをエレガントにしたような感じです。
と言うより、オープンリールタイプの『TC-5550-2』という機種がありましたが、このEL-D8 はそのデザインを踏襲した兄弟機のような関係です。操作ノブなんか全く同じです。有名な『オーディオの足跡』(http://audio-heritage.jp/SONY-ESPRIT/player/el-d8.html)様のホームページで当時の仕様を確認すると、大きさもほぼ同一で重量だけが1kg軽い5.8kgです。元々コンパクトカセットより大きいエルカセットのポータブルデッキですから、既に大きく重いです。この時代、重量派の製品には、それだけで音質の良さを代弁しているような要素がありましたが…。

デザイン上の大きな特徴である丸いレベルメータは、これ以降のカセットデンスケのデザイン上の特徴として、ロングセラーになったTC-D5/D5M へと受け継がれ、さらに現代のデジタルデンスケ『PCM-D1』で再現されているようです。

 

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。